May 7, 2010⑥ "STOP!!!"
b0171545_2145720.jpg





大きなフロントガラスと、サイドガラスから降り注ぐお天道様の威力が凄まじい。
そこで、自分の右側のサイドガラスを一度開け、着ていないグレーのカーディガンを挟んで閉め、日除け代わりにした。
これで多少はしのげるだろうか。

ただ、その座席で私が受け止めなくてはならなかったのは太陽だけではなかった。

ドライバーの素行の悪さに最後まで悩まされるのだった。

前方にゆっくり走行の車に出くわすたびにイライラ、ブツブツと大きな独り言、そして何度も何度もクラクションを鳴らす。
何を言っているかはわからないものの、彼の真横にいる私は、明らかに負の要素を含んだ発言を絶えず総受信状態。

ある時は陶器をずらりと並べ積んだトラックが前を走っていた。
ゆるゆると運転している。
当然だろう、そこは延々カーブの続く山道。

いくら鳴らしたところでアナタ追い越せないでしょう・・・。
嗚呼、後部座席が羨ましい・・・!


段々街が近くなった頃だ。

- とまって!!!

- とまって!!!

何人かが一斉に叫んだ。
誰かがトイレに行きたいとでも思ったのか、もうすぐ着くからいいだろう、といった様な反応を微かに示しただけで、ドライバーがブレーキを踏むことはなかった。
トイレではない、皆が求めていたものは。
道路の脇にわさわさと生えた魅力的なサボテン群は、私たちの願い虚しく、視界から消えていった。

再び静まり返った車内、大きな落胆の溜め息が漏れ聞こえてくるようだった。
 
マラケシュ市内に戻ってきた。
あれから絶句していた皆は、恐らく彼らが始めにピックアップされたであろうクトゥヴィアの塔の近くで静かに降りていった。
私は車内に一人残り、もう少し先、ピックアップしてくれたところまで行って欲しいと伝え、リアドの前で降りた。
長時間の拘束から放たれ、ようやく遊びにでも出かけられるからであろうか、別れ際のドライバーはご機嫌だった。


リアドに戻ると、スタッフたちが感想を求めてきた。

- どうだった?

ドライバーが最悪だった。そして遠かった〜。などと、イマイチ微妙なリアクションをとってしまった私。
スタッフの中の一人、青年の口から出た次の言葉にハッとなる。

- 僕はザゴラ出身なんだ。

彼はやや苦笑い。
んー、もうちょっと気の利いた答えをすればよかった。
ごめんなさい・・・。

部屋に戻り、重い荷物をおろす。
日除け代わりに使ったカーディガンには、くっきりと車の油汚れが付いてしまっていた。
油には油?と、思いつきでメイク落としのクレンジングオイルで手洗いし、粉末洗剤でダブルウォッシュ。
窓際に干した。

服を脱ぎ捨て、シャワーを浴びようとすると、あちこちから砂が出てきた。
砂漠の砂の細かさを改めて思い知る。

砂も汗も汚れも洗い流し、よし!これでサッパリ!・・・したような気分も束の間、シャワーから出ると猛烈な寒気が私を襲い、身体中から汗がどばーっと出てきた。
気持ち悪い・・・。

トイレに駆け込むと戻してしまった。
お昼には例の小さな林檎しか口にしていなかったが、そこで思わぬ再会を果たす・・・。

髪も乾かぬままベッドに倒れ込む。

今夜は楽しみにしていた約束が。
マリアたちに会いたい・・・。

しかしこの状態ではどうにもこうにも無理だと観念し、ヨロヨロとフロントに向かった。
先程のザゴラ出身の彼が座っていた。
マリアの携帯の番号が書かれたノートを差し出し、事情を話し、彼女に電話をかけてくれないかと頼んだ。
無事電話は彼女に繋がり全て伝えてもらった。
自分でも話したかったが、余裕が無かった。
心底楽しみにしていただけ悲しい。切ない・・・。

全然立っていられなくて、部屋に戻ると共に再びベッドに雪崩れこんだ。
後に青年がミネラルウォーターを買って持ってきてくれた。
身から外してベッドの上に放ったままのブラが一瞬脳裏をかすめたものの、そんなことをフォローする体力も気力も無し。

布団に包まっても寒気がいっこうにおさまらない。
明日私はどうなっているのだろう・・・。
重くなった身体は、ベッドの中に深く深く沈んでいった。


*クトゥヴィアの塔…12世紀に築かれたモスクの尖塔。高さ77mでマラケシュのランドマーク的存在。
*この時ばかりは、ストーリーの時間軸に合った写真が無い為、前投稿より少しだけ前のものを載せておきます。

[PR]
by filmaniayako | 2013-05-23 01:38 | travelog | Comments(8)
Commented by yukinyaa03 at 2013-05-23 07:02
奇跡の更新。w\(^o^)/
Commented by TOOLKIT at 2013-05-23 10:01 x
更新されてる!
ガンバ〜\(^o^)/
Commented by filmaniayako at 2013-05-23 14:39
ご訪問ありがとうございます。

>yukinyaa03さま
み ら く る。w
\(^o^)/

>TOOLKITさま
おほほのほ!
\(^o^)/
Commented by ねぎま at 2013-05-24 12:35 x
うーん。一難去ってまた一難。
天気がよかった。景色が素敵だった。食べ物がおいしかった。では
こんなストーリーは生まれないね。
この先、どうなるのだ?あやーご♡!!!
Commented by filmaniayako at 2013-05-27 01:03
>ねぎまさま
過疎化の進むブログへようこそ!毎度どうもありがとうございます!!
行った後にわかりましたが、そもそも砂漠〜マラケシュの行程に無理があった模様。普通なら間に一泊挟むべき道のりだったみたいです。
その他諸々の要因も手伝い・・・。
どうにもこうにもできず、体調崩したのは一番キツイ出来事でした。
でも、この後・・・。
Commented by studionow at 2013-05-27 15:32
おおおおおおお、進んでる、最後までは、いつイクのか?
Commented by naoko_photo01 at 2013-05-28 20:58
おおおーーーーードキドキはらはら・・・
Commented by filmaniayako at 2013-05-31 20:46
3日間軽井沢に行ってました。
遅くなり失礼しました。

>studionowさま
今でしょう! 違うか。。
面白い返しをしようと思いましたが、ladyなので止めておきます。
旅の行程、あと2.5日分あります・・・。
4949!!

>naokoさま
ご訪問ありがとおぉ!
この間はお見舞いメールもありがとね!!
<< May 8, 2010① &... May 7, 2010⑤ mi... >>