May 6, 2010⑧ how to ride a camel
b0171545_2273397.jpg




その頃、朝8時過ぎにマラケシュを出発してから11時間近くも経過していた。

ラクダは一人一頭ずつあてがわれた。
私は、ずしりと重いザック、サブバッグである布製の手提げの二つを、ラクダの鞍に付いている棒の取っ手に掛けた。

荷物を取り付けた後、各々ラクダと共に記念写真を撮っている。
肩タトゥーの彼なら大丈夫だろう、そう思って彼にお願いし、デジタルとフィルムの両方で私も記念に撮ってもらった。
そうして皆一通りラクダとの対面を楽しみ、いよいよ乗る時が来た。
先に前で乗った人たちの様子を見ていると、それはまさに初めて目にする光景。
とても驚いた。

足を折り畳み地面に座っていたラクダたち。
現地青年に身体を叩かれると、まず後足を伸ばし立ち上がり、それから前足を伸ばして一気に立ち上がるのだ。
つまり、その第一段階においてまず前傾姿勢になるのだが、ラクダは背が高いこともあり、その様は中々の迫力があった。
また、そのラクダの姿勢に伴い、乗っている人間も一時かなり前のめりになるので、自分の乗る順番が来るまで少しドキドキした。
なんとかうまく乗れた後も、皆ラクダの上でどこかぎこちない動きをしている。

私の番がやって来た。
ラクダに跨りスタンバイすると、青年がその身体を叩く。
すると思い切り前のめりなった。
取っ手を必死に握り締め、おおおお~っ!っとおっかなびっくり感動している内に、今度は一気に後ろ側、背中側に倒れ、それから今度は視界がずーんと急に高くなった。
軽く遊園地のアトラクション・・・。

らくだの胴回りは結構なもので、人間様のお股は結構な開きっぷり。
また、薄手の絨毯のような布地が鞍の上、座る箇所に載せてあるので、尚更だった。

さて、体勢バッチリかと思いきや、荷物を掛ける際に慌ててミネラルウォーターをザックに入れたのだが、無理やり入れた為にジッパーが最後まで閉まっていなかった。
ちゃんと閉めなきゃ・・・と、あれよこれよとしている間に出発となってしまった。
b0171545_16334378.jpg

[PR]
by filmaniayako | 2011-08-10 09:23 | travelog | Comments(11)
Commented by 琥珀亭 at 2011-08-10 09:18 x
やった〜 1番
Commented by studionow at 2011-08-10 09:29
あーあ、二番だ。感想は仕事からもどってからですー。
Commented by studionow at 2011-08-10 09:33
おー月の砂漠の情景とはちと違うような雰囲気、王子様もいないしね?でも歴史に残る経験ですね。
Commented by filmaniayako at 2011-08-10 09:50
>祝琥珀亭さま
お早いですね~。
(あれ?何でコメントの方が時間早いのだろう!? 謎)

>studionowさま
あぁ~せっかく予告・・・ 笑
二番おめでとうございます。^^
月の砂漠行ったことあります。
Commented by TOOLKIT at 2011-08-10 10:01 x
砂漠の駱駝…夢の世界の始まりですね。
馬とはだいぶ違うのかなぁ。
足はブラブラのままなんですね。
…鉄馬乗りとしては、足の置き場に悩みそう…。
Commented by shindo1954 at 2011-08-10 10:10
ホントにラクダ〜・・・と写真だけ見てると感じますが
現実は厳しかったりするのですね。
月の沙漠に行ってみたい〜。
Commented by 琥珀亭 at 2011-08-10 10:38 x
あぁ〜5分フライングしてしまった(汗
どうやったら本文よりコメントが5分早く書けるのか不思議!

らくだに乗るのは股関節をほぐしてからじゃないと厳しそうですね。
でも楽しそうな経験で。
Commented by hiroinouye at 2011-08-10 19:44
何考えているのか解らないようならくだですが、味がありますね。
Commented by filmaniayako at 2011-08-11 11:42
コメントありがとうございます。

>TOOLKITさま
全然違うと思います。
足はブランブラン。
しっかり押さえて乗らないと重心が左右どちらかに偏ってずれてきたり・・・。

>shindoさま
ラクダ~
ラクじゃなかっタ~
でも乗る時ドッキリ楽しいです。

月の~は一昨年の冬辺りに千葉の友人と行って、風が凄くて寒くてすぐに撤退した思い出が。

>琥珀亭さま
魔法のフライング。^^
一度公開した後に、投稿時間“現在”で再び上書きしちゃったのかもです。

そうそう、ストレッチして伸ばした後のほうが間違いないですね。

>hiroinouyeさま
ずっと(当然ですが)無言でおすまししているような様子が可愛らしかったです。
Commented by ねぎま at 2011-08-15 13:50 x
駱駝に乗って旅してみたい。でも現実は結構大変そうですね。
あんまり「のんびり」ではないみたい。
駱駝は群馬サファイパーク(笑)で目の前で見てきました。
かったるそうで、性格悪そうでした。
個人的にはロバに乗ってみたいのです。
Commented by filmaniayako at 2011-08-17 01:33 x
>ねぎまさま
おかえりなさいませ。
そうですね、ワクワク感は大きいものの結構気が抜けません。
乗り慣れ不慣れとかも多少はあるのかな・・・。
私もかなり乗りたいですロバ!
横向きでゆる~りと。
<< May 6, 2010⑨ be... May 6, 2010⑦ ev... >>