May 5, 2010⑧ visitors
b0171545_1410740.jpg




リアドに戻りレセプションの前を通る時、カードを失くし迷ってしまったと伝えると、スタッフは束になり置いてある中から1枚、新しいものを差し出してくれた。
彼女の横、デスクの上にはネコが背を丸めチョコンと座っていた。
それまで見かけたことがなかったので、ここのネコなの?と聞くと、ううん、いきなりやってきたのよ、と。
随分当たり前のように座っていたので、まるで長年その場所でやって来る客を出迎えている様でおかしかった。
私の部屋はそこからすぐ、5、6mほどだった。
ちょっと招いてみようかな・・・。
部屋に入る際、ドアに僅かな隙間を空けてみた。
すると・・・
おおお、本当に入ってきた。
ベッドに座ると、その子もピョンと飛び乗り、私のお腹や膝の上に乗ってきて目を細めたりしている。
とても人慣れした感じだった。
そして、いつの間にやら私の寝床を占領・・・。
気持ちよさそうでいいにゃ君は。

ひと時その子とじゃれ合い部屋から出ると、二組の客がスタッフに案内され部屋をチェックしていた。
どうやら、韓国から来たカップルと、もう一組は欧州から来た若い青年と老人だった。
それぞれ同じ階の部屋に宿泊することに決めたようだ。

気まぐれなネコは部屋から出て行ったので、少しして二階のテラスに上がると、先の新顔の二組がお茶をしていた。
はじめ私は別のテーブルに席をとり、1人でミントティーを飲んでいたのだが、途中で、よかったらこっちに来ない?と声をかけてくれたので、途中から彼らの輪に加わった。

20代前半くらいの西欧人の彼は、お爺ちゃんとスウェーデンからやってきたとのことだった。
孫と祖父の関係とはいえ、お爺ちゃんの風貌から歳の差はだいぶあるように見えた。
彼、ジョンのお爺ちゃんは絵に描いたようにキュートで、サスペンダー姿に、サンタクロースのようなふわふわした白髭を口元にたくわえていた。
お爺ちゃんはニコニコしながら、飛行機や電車で疲れたから部屋に戻り一眠りするよ、とちょうど私と入れ違いに輪の中から抜けてしまったので、残念ながらお話は出来なかった。

彼らと色々な話をする中、韓国人カップルの女性の話は思わず聞き入ってしまうものがあった。
彼女は、どうしても絵本作家になる夢を諦めきれず、それまでやっていた仕事を辞めたという話だった。
決意するまでの葛藤、お父さんの反対、なぜ強く反対されたか―。
時に頷き、言葉を交わしながら、皆耳を傾けていた。
初対面だからこそ、何も知り合わない相手だからこそ話せるというのもあるだろう。
その地がモロッコだとか、自分や、彼らが何人だとか、その時何も関係無かった。

映画好きというジョンからは、話が日本映画に及ぶと、やっぱりタケシやクロサワの名前が出てきた。
彼は学生らしく、映画関係の仕事を目指しつつもまだ自由きままだという。
それはそれで羨ましくもあったが、何よりも、青年期の男の子とお爺ちゃんの2人旅行、という姿が私の目にはとても新鮮に写り、静かに感動した。

それからとりとめもない話が続く中、モロッコまでのフライトやトランジットの話になった。
韓国人のカップルは私と同様地理的には長旅、しかも移動の連続の末まだ到着したばかりというのもあり、疲れた眠いと漏らしていた。
そして、カサブランカまでの乗り継ぎ便でミニボトルのワインを飲んで・・・、と何気なく放たれた発言に、ほんとー?私もー!私もー!となり、全員同じワインを飲んでいたことが判明。
それは本当どうってことはない偶然だったけれど、なぜか皆のツボにはまり、4人一斉に大きく笑った。
そして誰からともなくグラスを掲げミントティーで乾杯をした。
談笑の場もそれでしまった感があり、それぞれ部屋へと戻っていった。
b0171545_145736.jpg

[PR]
by filmaniayako | 2010-12-15 17:36 | travelog | Comments(16)
Commented by zoo_photo at 2010-12-15 20:18
わーい☆
また一番で来たにゃーヽ(*´∀`)ノ
Commented by filmaniayako at 2010-12-16 00:23
こんばんは。
ありがとにゃー!(^-^)/
Commented by yukinyaa04 at 2010-12-16 07:39
今回は早めの発見。
nowさんより早かった。
って、一番乗りを競うところなのか?ここわ?
Commented by hiroinouye at 2010-12-16 12:13 x
年末か年明けだと思っていたら、今回は早かったですね。
今回も楽しめました。
Commented by 琥珀亭 at 2010-12-16 13:29 x
わーー 出遅れた。
Commented by ねぎま at 2010-12-16 13:35 x
異国の地でこうして打ち解けられるのは旅の効能かな。
カフェでの会話が見えるようです。

それにしてもニャンコ。胴体大きくない?
Commented by filmaniayako at 2010-12-17 01:32
コメントありがとうございます。

>yukinyaaさま
うーん?あはは。
早めの確認ありがとうございます。
nowさまは…引退されたみたいですね。

>hiroinouyeさま
ハハハ…予想外でしたか!
ありがとうございます。

ご存知でしたか、これ、まだ旅の3日目だということを…。恐

>琥珀亭さま
ありがとうございます。
次もすぐ出るかも、出ないかも。。

>ねぎまさま
そうかもしれませんね。
テラスは青空の下落ち着ける場所だったし、解放感もきっとありますね。

そう言われてみると…確かに大きく見える。笑
モロッコはそこらじゅうロバさんとニャンコだらけです。
Commented by studionow at 2010-12-17 15:35
あーあ、出遅れたー。
Commented by studionow at 2010-12-17 15:39
異国の猫、外猫ですね。猫に敏感な人は早いですネ、しかしかなり前のことをよく日記にかけますねー、スゴイ頭脳で素晴らしいです。
Commented by studionow at 2010-12-17 15:42
まぁ常連さんのあのイトウさんよりは早かったのは不幸中の幸いです。
Commented by shindo1954 at 2010-12-17 19:01
出遅れっぱなし・・・楽しい話をありがと!
Commented by filmaniayako at 2010-12-20 11:07
おはようございます。
コメントありがとうございます。

>studionowさま
連投ありがとうございます。^^;
あれどっちの出来事が先だっけか・・・とたまに細かいところで悩むも、その点は記録としての写真のおかけで書けています。
道中会った人とのやりとりは、やはり特別なので、どれも色濃く憶えています。
外猫、迷い猫、やたら多いのですが、犬さんが・・・いないのです・・・!

>shindoさま
ありがとうをありがとうございます!ヽ(*゚ー゚*)ノ
Commented by itow124 at 2010-12-20 15:45
出遅れのイトウです。
今日、目黒に生写真を見に行ったのですが休館日でした。
情けなくへこみ気味・・・
Commented by filmaniayako at 2010-12-20 19:16
>itowさま
こんばんは!
どうもありがとうございます。
って
あららららら…
まさにシマッターですね。
………。

では今日はお身体のほうも休肝日に!笑
Commented by takapon at 2010-12-22 11:49 x
トントン! おじゃまします「復活しましたよって!」 と 遠慮気味に 小声でご挨拶!
Commented by filmaniayako at 2010-12-22 13:55
ハイハイ!どうぞお入りください。元気に新年を迎えましょう!
<< May 5, 2010⑨ a ... May 5, 2010⑦ pe... >>